グルグル for Java ”公式”紹介ページ


グルグル for Java ”公式”紹介ページ by 作者

出力イメージ図(10,546バイト)
©衛藤ヒロユキ/エニックス・
テレビ東京・創通エージェンシー・
日本アニメーション 2000
バンダイビジュアル
グルグル for Javaとは?
 「グルグル for Java」は、94年10月13日から95年9月14日までテレビ朝日・ABC系で放送された「魔法陣グルグル」(以下ABC版)と、2000年4月4日からテレビ東京系で放送されている「ドキドキ伝説魔法陣グルグル」(以下TX版)の各回のタイトル画面を真似るものです。

戻る

このソフトが作られた経緯
 これのもととなった「グルグル for Windows」は冗談で作ったプログラムでしたが、ベクターのサイトに登録したところ、通算ダウンロード数が5000を超えるという異常事態(笑)になったことと、新しいシリーズの放送がはじまったことを受けて、「グルグル for Java」を作ってしまいました。
で、このページは?
 「グルグル for Java」を起動すると各話のタイトルが表示されるわけですが、TV版を見ていない人にとっては、ただ文字列が表示されるに過ぎません。そこで、TV版を見たことが無い人にも「グルグル for Java」を楽しんでいただけるよう、各話タイトルの内容を簡単に書いてみました。
もっと詳しく知りたいときは?
 今でもちょっと大き目のレンタルビデオ屋に行けばABC-TV版の内容を収めたビデオが置かれているようです。また、インターネット上にも関連サイトが結構あるようです、Yahoo!などの検索エンジンで「グルグル」をキーワードに検索をかければ簡単に見つけられるでしょう。
ABC-TV版の全内容を収めたLDもあったらしいですが、私はいまだにお目にかかったことがありません。たしか限定生産(注文生産?)でウン万円した代物だったと思います。将来的にはDVD化でもされるのでしょうか。商魂たくましいエニックスならやるかもしれませんね。…とか言ってたら本当に出るようです。しかも発売元はTX版ビデオと同じバンダイビジュアル。ABC版のビデオやCDはソニーミュージックエンタテインメントから出ていたのに、一体版権関係はどうなっているのだろう? などと余計な心配をしてしまいます。さらに、TX版のDVDも出るようです。グルグル for Java いよいよ年明けに完成か?
今後の見通し
 現在「グルグル for Windows」はABC版のみ、同JavaはTX版もサポートするものの今だβ版(音源が入手できないからです)という状況。しかし、普通のPCで実行するアプリケーションのプラットフォームとしてはさすがにJavaは時代遅れの感が強いので(Javaそのものが古いと言っているわけではありません。業務用の情報システムではJava全盛です)、そろそろこの2つを統合した上で、新しいプラットフォームへの移行も必要かなと思っています。可能性としてはFlashを考えています。いずれにしても完成は来年(2004年)以降ではないかと…。

各話タイトルの紹介

[凡例]

TV版でのタイトル
 元となった原作のタイトル、およびABC版の関連のある回
 内容
 筆者による補足説明(無いこともあります)

 

第1話「ワクワク!冒険の朝」
 原作第31章「勇者のひみつ」の後半部分に相当、ABC版第30話「発見! 礼拝堂に残された遺産」と関連
 トアール村でモンスターを倒した際に手に入れたティーポットから現れたワンチンの具象気体から使命を与えられる。
 具象気体のワンチンが現れる場面が、ABC版の原作準拠部分の最後である第30話の後に続く内容となっている。トアール村のイベント自体は原作にはない。

 

第2話「いけいけ!龍の定期便」
 原作第32章「秘境突入」、第33章「ガタリ様登場」の前半の大部分に相当
 ネコジタ谷にやって来た勇者たちはトマと再会し、きりなしの塔にギリの魔の手がおよんでいることを知らされる。きりなしの塔に向かう龍の定期便に一人乗っていったキタキタおやじは次の日着せ替えをされて戻ってくる。次の日には勇者たちも龍に乗ってきりなしの塔を目指すがその途中でククリは龍から転落しモンスターにつかまってしまう。
 原作では妖精のグリエルが勇者たちにネコジタ谷やきりなしの塔の説明をするが、TX版には妖精の村のイベントがないためギップルが説明している。また光の者の集団と闇の者の集団が争っている場面があるが、原作にはこの場面はない。逆に原作では着せ替えをされて放心状態のおやじを光の者が光魔法「目覚めの草」で正気に戻すがTX版ではこの場面はない。

 

第3話「きてきて!ククリのお店屋さん」
 原作第33章「ガタリ様登場」の前半の一部と後半部分、第34章「おかね騒動!」前半部分に相当
 ガタリの啓示を受けるための費用を稼ぐため「勇者の店にけや」を開くものの、おやじのせいで行き詰まった勇者たちは店をやめ龍に乗ってきりなし塔を目指し、他のパーティーが見つけたきりなしの塔を通り過ぎたところに塔らしきものを見つける。

 

第4話「なぜなぜ!?盗賊だった勇者さま」
 原作第34章「おかね騒動!」の後半部分、第35章「ガタリの啓示」に相当
 地面から現れたゴーレムと戦うが歯が立たず退却した勇者たちは再び「にけや」を始める。3人分15万Rを集めた勇者たちはガタリの啓示を受けることになったが、それに先立つピピグーによる職業・レベル確認で、ニケは職業が盗賊であることが明らかになる。ククリに啓示を与えたガタリは続いてニケへの啓示を始める。

 

第5話「キラキラ!光の剣は勇者の証」
 原作第36章「勇者の魔力!」、第37章「ゴーレムを倒せ!」に相当
 ガタリの啓示を受けた勇者たちはゴーレムを倒し、きりなしの塔に向かうがそこにレイドが現れる。

 

第6話「だいだい発見!ミグミグ族の遺跡」
 原作第38章「谷底探検」、第28章「ラピの泉」の一部、第47章「きりなしの塔・四階」の冒頭部分、第39章「ミグミグ族の遺跡」に相当
 カヤによって谷底に落とされた勇者たちが、そこに現れたケムケムについて行った遺跡はミグミグ族の遺跡であり、ククリの生家でもあった。壁に書かれたククリの両親からのメッセージのそばの石を外すとそこから具象気体が現れる。
 原作・ABC版ではニケたちとレイドはすっかり顔なじみだが、TX版ではレイドが現れるのはこの場面が初めてであるため、ニケたちとレイドは初対面ということになっている。

 

第7話「クルクル!たった一人の神の踊り子」
 第39章「ミグミグ族の遺跡」の最後の部分、第40章「ワンチン再び」、第41章「グルグルダンサー」、第27章「レイド」に相当、ABC版第25話「刺客! 魔界からの使者レイド」と関連
 勇者たちは具象気体のワンチンからこの遺跡がククリの生家であることを伝えられ、ミグミグ族の服と黒い絵本を渡される。翌朝ケムケムの後を追い、地面に描かれた魔法陣を使って崖の上に上がるとレイドがいた。レイドは魔法を使って勇者たちに戦いを挑む。
 黒い絵本は原作とABC版ではアッチ村の村長から渡されるものである。

 

第8話「でたでた!ヨンヨン伝説の鳥」
 原作第42章「発見! きりなしの塔」、第43章「きりなしの塔・一階」、第44章「きりなしの塔・二階①」の前半部分に相当
 レイドの攻撃をかわした勇者たちは、ヨンヨンを召還し崖を渡って、きりなしの塔にたどりつく。勇者たちは塔に入り、1階で見つけた鍵で扉を開け、メタルさんの部屋に入るが、追い返されてしまう。
 左の扉を開ける人を決めるくじで、当りに死神が描かれているが、原作では「死」と書かれている。

 

第9話「ゾクゾク登場! モンスターいや~んばか~ん」
 原作第44章「きりなしの塔・二階①」の後半部分、第45章「きりなしの塔・二階②」の前半部分に相当
 勇者たちは、ラカンの日記により2階に上がるためのポイントがメタルさんであることを知る。メタルさんの許しを得るための、ククリの「おねだり作戦」、オヤジの説得、勇者のクサいセリフも効果なく塔の外に追い返されてしまうが、椅子に座って呼び鈴を鳴らすことでトラップをクリアし、2階へあがる。ククリがトイレを借りにガタリの家に行って戻ってきた後、改めて塔の2階に進むが、モンスターを前に勇者のHP、ククリのMPが足りなくなる。トマのスクロールにより超人化したオヤジによってモンスターを倒す。勇者たちは行き止まりと思われた壁を通り抜け、幻の部屋にたどりつく。

 

第10話「クサクサ!草の精霊モゲル」
 原作第45章「きりなしの塔・二階②」の後半部分、第30章「妖精の村・2」の一部、第49章「きりなしの塔・五階②」の一部、第46章「きりなしの塔・三階」に相当
 再び登場したラカンの日記により、ウンベルを怒らせてはならないことを知った勇者たちがウンベルを軽くしようとしているところへレイドがやって来る。ウンベルを利用してレイドから逃げた勇者たちは3階に上り、草の精霊モゲルの部屋にたどりつく。モゲルの部屋で休息を取った勇者たちは塔の4階へ進む。
 闇魔法結社の総裁とアッチ村村長のドキドが物質転送魔法の実験をしている場面があるが、原作ではこの場面はなく、原作第49章「きりなしの塔・五階②」で転送に成功している。モゲルが着ていた服の裏に魔法陣が描かれているという記述は原作にはない。

 

第11話「またまたお出まし!こわい顔」
 原作第46章「きりなしの塔・三階」の最後の部分、第47章「きりなしの塔・四階」、第48章「きりなしの塔・五階」の前半部分に相当
 勇者たちは4階に進み、カヤに追われる中、唐突に登場したラカンの日記により、4階を走り回っているモンスターが5階への扉の鍵を持っていることを知る。カヤに魔法勝負を強いられたククリはグルグルでカヤを撃退する。モゲルを説得して部屋を出たオヤジの功績により5階への扉の鍵を手に入れた勇者たちは5階へと進む。

 

第12話「マジマジ復活!?魔神サイレン」
 原作第48章「きりなしの塔・五階」の後半部分、第49章「きりなしの塔・五階②」に相当、ABC版第話「」と関連
 長い声のネコによって、5階への視界をさえぎる雲を払ったククリたちは、塔の5階が空に浮いていたことを知る。5階に進んだ勇者たちは悪魔サタナチアに捕まるが、キラキラによって逃れる。サタナチアは強く、グルグルも効かない。壁画の謎を解き、魔神を呼び出す方法を知った勇者たちは、草の装備で攻撃に耐えるオヤジがサタナチアの気を引いているうちに塔の屋上に上がる。サタナチアが迫ってきたときに頭上にアッチ村村長の呪われた像が現れ、ククリが笛を吹いて魔神サイレンを呼び出し、サタナチアを倒す。
 オヤジの「足が棒のよう」という例えをモゲルが真に受け、3回目の大地の治療を行う場面は原作にはない。

 

第13話「ふわふわ!飛ぶこどもたち」
 原作第49章「きりなしの塔・五階②」の一部、第25章「新たなる旅立ち」の一部、番外編(第8巻)「おてがみ」、第50章「飛ぶこどもたち」、第1章「ジミナ村」の一部に相当、ABC版第21話「さらばシュギ村! 旅立ちの時」と関連
 きりなしの塔を攻略し、ガタリの家に戻った勇者たちは故郷の人達に手紙を出す。アッチ村の村長の像を持ってきりなしの塔攻略をコーダイ国王に報告しに行ったキタキタおやじは国王より100万Rを受け取る。その頃ジュジュは旅立ちの決意を固めつつあった。勇者たちはネコジタ谷を旅立つ。
 勇者たちが次の地へ旅立たずゴロゴロしている、という内容は原作ではシュギ村の騒動の後で描かれている。

 

第14話「ビクビク!弟子入り?盗賊団ガバ」
 原作第51章「コパールの町」、第25章「新たなる旅立ち」の一部、第52章「盗賊入門」に相当、ABC版第21話「さらばシュギ村! 旅立ちの時」と関連
 空腹の中、コパール大陸に着いた勇者たちの前に、予言板が現れる。コパールの町は物価が高く、森に薬草を取りに行こうしたトマはアダムスキーの店にくぎ付けになり、代わって森に入った勇者とククリは盗賊団ガバに捕まってしまい、その後弟子入りする。
 龍は風を食べて生きている、という記述は原作にはない。予言の前半部分「封印は解かれた」は原作では「第2の封印も解かれた」である。TX版ではベームベーム召還(=第1の封印)が描かれていないためである。原作ではアダムスキーは女の子を見るたびにおしりを触っているが、TX版では頬を触っている。盗賊のうちの1人がTX版第1話でトアール村にいた商人ということになっている。

 

第15話「なになに! くりまんじゅうとカマドウマ!?」
 原作第53章「盗賊修行」、第54章「魔物の大臣!?」の前半部分に相当、ABC版第話「」と関連
 盗賊に弟子入りした勇者たちは盗賊の修行に励む。盗賊団の前にコパール王国の大臣が現れる。勇者たちのことをすっかり忘れアダムスキーの店にいたトマたちの前に隣の武器屋の娘レピアが現れる。さらにコパール王国の大臣が現れ、レピアの店の商品の値段を千倍に上げるように命じて去っていく。盗賊団の所にコパール王国のミルカ王女がやって来る。
 この回でもアダムスキーはレピアのおしりではなく頬を触っている。

 

第16話「どこどこ!?幻の秘宝バナナムーン」
 原作第54章「魔物の大臣!?」の後半部分、第55章「そのころ魔族は」、第56章「探検スタート!」に相当
 ミルカ王女は盗賊団にバナナムーンの地図を渡し、盗み出すよう依頼する。ククリのことを考えて動揺したレイドは竜に乗って飛行中に天使に遭遇する。ミルカ王女もおかしらにあだ名を付けてもらい、バナナムーン探しに出発する。
 ミルカ王女が盗賊たちから逃げ出そうとするとき「おかあさまー」と叫んでいるが、原作では「お…おかされる!!」である。チクリ魔は原作ではサーチアイに乗って飛んでいるが、TX版では単独で飛べるようである。

 

第17話「ごちゃごちゃパーティ!これ最強?」
 原作第57章「バナナムーン探検」、第58章「再会!最強のパーティ?」に相当
 モンスターを次々と倒し、バナナムーン探しを続ける盗賊団の前に、森の妖精ヌマークが現れる。妖精の案内でバナナムーンの遺跡にたどり着きバナナムーンを手に入れるが、コパール王国の大臣が現れ、バナナムーンを奪われる。闇魔法結社の総裁一行と合流した勇者たちは、改めてコパール城に向かうことを決める。

 

第18話「ソロソロ 侵入コパール城!」
 原作第59章「コパールにて」、第60章「コパール城大作戦!」に相当、ABC版第話「」と関連
 ニケの大ボラの後、こども抜きの作戦会議の中、ククリはジュジュの導きで宙に魔法陣を描けるようになったことを知る。モンクは大臣に指示してミルカ王女をアヒルにしようとする。勇者たちはプラトーの聖歌隊に扮してコパール城に侵入する。
 冒頭の大ボラシーンは原作ではおなじみの「巻頭カラーネタ」である。レピアは度々自分のことを不幸だと思うが、原作にはこういう記述はない。原作ではククリが裾を踏んで転んだとき、ルンルンはククリが裾を踏むことを思い出しているが、TX版では前回裾を踏んだ場面(闇魔法結社)が描かれていないので、この描写はカットされている。

 

以下、作成中。

第19話「ヒョイヒョイ逃げる ヤな大臣まもの!」
 原作第60章「コパール城大作戦!」の一部に相当、ABC版第話「」と関連

 

第20話「ガーガーアヒルに汗ダック!?」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第21話「メラメラ!勇者よ火を盗め」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第22話「ウキウキ!コパールの休日」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第23話「プカプカトラゴンへいのうえ?」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第24話「みろみろ!空とぶナゾの船!」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第25話「しゃかしゃか!踊るニコピョン族」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第26話「あらあらたいへん アラハビカ!」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第27話「キロキロ ウニョラー!トッピロキー!」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第28話「なぞなぞ謎のホナスの泉!?」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第29話「アレアレ!? くるっと回って悪魔がバァー」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第30話「ワオワオおどろき!魔境の遺跡」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第31話「ラブラブ!恋するハート」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第32話「さあさあ行くぞ! 取り戻せパンフォス」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第33話「ガンガンいこうぜ!大バトル」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第34話「げきげき大作戦!歌って踊って」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第35話「ヘイヘイ!お目覚め夢見るハート」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第36話「バイバイ すてきなアラハビカ」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第37話「ビシビシ鍛えろ!? 光の勇者」
 原作第章「」に相当、ABC版第話「」と関連

 

第38話「ドキドキ 伝説は終らない!」
 原作に相当する話なし

このページの先頭に戻る