rpls Viewer for Webをバージョンアップしました

rpls Viewer for Webをバージョンアップしました。変更点は、以下の通りです。
rpls Viewer for Webの説明はこちらのページをご覧ください。

  • 特殊文字を代替文字列に置き換えずにそのまま表示するように変更
  • UTF-8でエンコードされている文字列への対応
  • ARIB追加漢字への対応
  • 複数のファイルをドロップした時の読み込み処理の改善

特殊文字を代替文字列に置き換えずにそのまま表示するように変更

「新」「字」「デ」など四角で囲まれた特殊記号(いわゆるARIB外字)は、互換性を考慮して、[新][字][デ]のような代替文字列に置き換えて表示していました。
しかし、Unicodeが表示できる環境の普及によりOS標準のフォントでもこれらの文字をそのまま表示できるようになってきたため、代替文字列への変更を行わずそのまま表示するように変更しました。

これに伴い「特殊記号のエスケープ」オプションを追加しました。

「特殊記号のエスケープ:する」に設定すると代替文字列への置き換えを行います。(従来と同じ動作)
選択後に読み込んだファイルに設定が適用されます。

置き換えの対象は下記の文字です。
元の文字意味代替文字列
🅊四角で囲まれた「HV」[HV]
🅌四角で囲まれた「SD」[SD]
🄿四角で囲まれた「P」[P]
🅆四角で囲まれた「W」[W]
🅋四角で囲まれた「MV」[MV]
🈐四角で囲まれた「手」[手]
🈑四角で囲まれた「字」[字]
🈒四角で囲まれた「双」[双]
🈓四角で囲まれた「デ」[デ]
🅂四角で囲まれた「S」[S]
🈔四角で囲まれた「二」[二]
🈕四角で囲まれた「多」[多]
🈖四角で囲まれた「解」[解]
🅍四角で囲まれた「SS」[SS]
🄱四角で囲まれた「B」[B]
🄽四角で囲まれた「N」[N]
四角[■]
[●]
🈗四角で囲まれた「天」[天]
🈘四角で囲まれた「交」[交]
🈙四角で囲まれた「映」[映]
🈚四角で囲まれた「無」[無]
🈛四角で囲まれた「料」[料]
四角で囲まれた鍵マーク[鍵]
🈜四角で囲まれた「前」[前]
🈝四角で囲まれた「後」[後]
🈞四角で囲まれた「再」[再]
🈟四角で囲まれた「新」[新]
🈠四角で囲まれた「初」[初]
🈡四角で囲まれた「終」[終]
🈢四角で囲まれた「生」[生]
🈣四角で囲まれた「販」[販]
🈤四角で囲まれた「声」[声]
🈥四角で囲まれた「吹」[吹]
🅎四角で囲まれた「PPV」[PPV]
丸で囲まれた「秘」(秘)
🈀ほか
ローマ数字の1
ローマ数字の2
ローマ数字の3
ローマ数字の4
ローマ数字の5
ローマ数字の6
ローマ数字の7
ローマ数字の8
ローマ数字の9
ローマ数字の10
ローマ数字の11XI
ローマ数字の12XII
丸で囲まれた数字の17
丸で囲まれた数字の18
丸で囲まれた数字の19
丸で囲まれた数字の20
丸で囲まれた数字の1
丸で囲まれた数字の2
丸で囲まれた数字の3
丸で囲まれた数字の4
丸で囲まれた数字の5
丸で囲まれた数字の6
丸で囲まれた数字の7
丸で囲まれた数字の8
丸で囲まれた数字の9
丸で囲まれた数字の10
丸で囲まれた数字の11
丸で囲まれた数字の12
丸で囲まれた数字の13
丸で囲まれた数字の14
丸で囲まれた数字の15
丸で囲まれた数字の16

【参考】2019年5月1日時点では、Windows10ではすべての文字が表示可能で、macOS Mojave 10.14.4 / iOS 12.2では、[HV]、[SD]、[MV]、[デ]、[二]、[SS]、[鍵]、[PPV]、[ほか]、の各文字が表示できないようです。また、Windows / macOS / iOSとも[無]、[秘]は色付き文字として表示されるようです。

UTF-8でエンコードされている文字列への対応

2016年以降のレコーダーでUTF-8でエンコードされた文字列を正しく表示できるように改修しました。
また、4K放送で追加された[4K][HDR]などの記号に対応しました。

これに伴いエンコードオプションを追加しました。

エンコードは自動で判定しますが、自動判定で文字化けが発生する場合は「エンコード:UTF-8」、「エンコード:JIS」(従来と同じ動作)を選択してみてください。選択後に読み込んだファイルに設定が適用されます。

ただし、上述の[4K][HDR]など4K放送で追加された記号はUnicode 9.0.0で収録されているものの、まだ表示できる環境が少ないため、「特殊記号のエスケープ」オプションの設定にかかわらず、常に代替文字列に置き換えて表示します。

ARIB追加漢字への対応

ARIB追加漢字(85区1点〜86区43点)に新たに対応しました。これにより「﨑」(「崎」の右上の「大」が「立」になっている)などの文字を正しく表示できるようになりました。

複数のファイルをドロップした時の読み込み処理の改善

ファイル検索結果などから複数の同名のファイルをドロップしたときにファイル名チェックエラーで読み込まれないことがあるのを改善しました。

表示例

別のウィンドウ(タブ)で開く

rpls Viewer Web 版

2019.5.1 バージョンアップしました。詳細はこちらをご覧ください。

2011年にFlashアプリケーション、2013年にWindowsアプリケーションとして公開した「rpls Viewer」をウェブアプリケーション化しました。

表示例

別のウィンドウ(タブ)で開く

機能

BDAVフォーマットで記録したディスクには録画日時や内容を記録するrpls(real play list)ファイルが作成されます。rpls Viewerではこのrplsファイルを読み込み、記録されている情報を表形式で表示します。

使い方

録画情報の読み込み

画面上の「ここにファイルをドロップ」の枠内に、BDAVディスクの「\BDAV\PLAYLIST」フォルダにある拡張子が.rplsになっているファイルをドロップするか、「ファイルを選択する」ボタンをクリックして、BDAVディスクの「\BDAV\PLAYLIST」フォルダにある拡張子が.rplsになっているファイルを選択します。
ファイルが読み込まれると、画面下部の表に録画情報が表示されます。「No.」の昇順でソートされて表示されます。

複数のファイルをまとめてドロップまたは選択することもできます。.rplsファイルとinfo.bdavが混在してもかまいません。

ディスク名の読み込み

画面上の「ここにファイルをドロップ」の枠内に、BDAVディスクの「\BDAV」フォルダにあるinfo.bdavファイルをドロップするか、「ファイルを選択する」ボタンをクリックして、BDAVディスクの「\BDAV」フォルダにあるinfo.bdavファイルを選択します。
ファイルが読み込まれると、「ディスク名」の欄にディスク名が表示されます。

複数のファイルをまとめてドロップまたは選択することもできます。.rplsファイルとinfo.bdavが混在してもかまいません。

表示内容の消去

画面左上の「消去」ボタンをクリックするとディスク名と録画情報が消去されます。

CSVファイルのダウンロード

画面左上の「CSVダウンロード」ボタンをクリックすると、表の部分に表示されている内容がCSVファイルとしてダウンロードできます。ディスク名に表示されている文字がデフォルトのファイル名になります(ディスク名がない場合は「rplsViewer.csv」になります)。ディスク名、録画情報は編集可能な状態で表示され、「CSVダウンロード」ボタンをクリックした時点での画面の表示内容がCSVファイルとしてダウンロードされます。

特殊文字のエスケープ

ver.2019.5.1で追加されました。
「する」を選択した場合、従来通り特殊記号(いわゆるARIB外字)を[]付きの代替テキストに置き換えます。
「しない」を選択した場合、代替テキストへの置き換えを行わずにそのまま表示します。
ARIB外字が文字化けする場合は「する」を選択してください。
選択後に読み込んだファイルに設定が適用されます。

エンコード

ver.2019.5.1で追加されました。
「自動判定」を選択した場合、JISとUTF-8を自動で判定します。
「JIS」を選択した場合、自動判定を行わず、JIS(ISO-2022-JP)でエンコードされているものとして処理します。(従来通りの動作)
「UTF-8」を選択した場合、自動判定を行わず、UTF-8でエンコードされているものとして処理します。
「自動判定」で文字化けする場合は「JIS」または「UTF-8」を選択してください。
選択後に読み込んだファイルに設定が適用されます。

その他

初回に「ファイルを選択する」ボタンにより複数ファイルを選択した場合、ファイルの読み込みに失敗する(処理が空振りする)ことがあります。その場合はもう一度ファイルの選択を行ってください。

改訂履歴

2018.9.24 初回リリース
2019.5.1 機能改善(詳細

RT58iでIPv6接続オプションを使用する方法

フレッツ対応の各プロバイダが提供する「IPv6接続オプション」(業者によっては、単に「IPv6オプション」)をヤマハの2006年のルーターRT58iで使用するための設定手順。

※本稿の対象は「v6プラス」ではない方の「IPv6接続オプション」です。

1.ブラウザで「RT58i かんたん設定ページ」にログインする

2.「詳細設定と情報」をクリックする。

3.「レポートの作成・コマンド実行・初期化」の「コマンドの実行」の行の「実行」をクリックする。

4.テキスト入力欄に次の文字列を入力する。

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
dns server dhcp lan2

出典:http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/FLETS-HIKARI-NEXT/ipv6_ipoe.html

5.「設定の確定」をクリックする。

ルーターの再起動や再接続は不要である。
また、プロバイダの設定は従来の「PPPoEを用いる端末型ADSL接続(フレッツ・ADSL、Bフレッツ)」のままでよく、「IPv6/IPv4同時接続 (プラグ・アンド・プレイ機能) を行うADSL接続」で作り直す必要はない。

T-bao Tbook Airレビュー

【2018.1.2加筆しました】ウィンタブさんの記事によると、本製品の一部にWindowsのライセンス認証の問題を抱えているものが出荷されていることが分かりました。筆者も別途用意したライセンスに変更しました。

【2017.9.24加筆しました】

【2017.8.13加筆しました】

ウィンタブさんのサイトを見て、最近Jumperという中華ノートPCが日本でも人気を集めていることを知り、さらに読み進めていたら、後発のT-bao(漢字表記では「天宝」)というメーカーから「Tbook Air」という薄型ノートPCが発売されたとのことだったので、購入しレビューする。 “T-bao Tbook Airレビュー” の続きを読む

MSX BASIC Viewer (Web版)

Windows用アプリケーション「MSX VIEWer」をウェブアプリケーション化しました。
バージョン1.0.0(ビルド201611201410)を公開します。
Web版の他、iOS版、Android版、Windows版(32ビット)があります。

iOS版(iPhone / iPad)はこちら Android版はこちら
Windows版はこちら
表示例

別のウィンドウ(またはタブ)で開く

“MSX BASIC Viewer (Web版)” の続きを読む