VirtualBoxで使用できるフロッピーディスクイメージファイルの作成方法

仮想化ソフトウェアの「VirtualBox」にフロッピーディスクで提供されているOS(DOSなど)をインストールするために、フロッピーディスクをイメージファイル化する方法。(macOS Catalina 10.15.3を使用)

“VirtualBoxで使用できるフロッピーディスクイメージファイルの作成方法” の続きを読む

RT58iとRT107eを組み合わせてL2TP/IPsecとPPTP両対応リモートアクセスVPN環境を構築する

ヤマハのルーター「RT58i」は、VPNのプロトコルとしてPPTPしかサポートしていない。

一方で、iOS 10以降など最近のOSではPPTPをサポートしておらず、モバイル通信サービスでもPPTPを規制していることがしばしばある。

そのため、私はこちらの記事にあるようにQNAPのNAS(TS-212P)をL2TP/IPsecサーバーとして稼働させ、外出先から自宅へのリモートアクセスに利用していた。しかし、当初は問題なく利用できていたものの、徐々に接続できないことが多くなり、TS-212P側のログを見ても、そもそも接続要求が到達していないようで、かといってRT58iのログにもエラーが見られず困っていた。

“RT58iとRT107eを組み合わせてL2TP/IPsecとPPTP両対応リモートアクセスVPN環境を構築する” の続きを読む

RT58iとQNAPのNASの組み合わせでL2TP/IPsecを使用する

ヤマハのルーター「RT58i」は、VPNのプロトコルとしてPPTPしかサポートしていない。

一方で、iOS 10以降など最近のOSではPPTPをサポートしておらず、モバイル通信サービスでもPPTPを規制していることがしばしばある。

ヤマハのルーターもNVR500以降の製品であれば、L2TP/IPsecに対応しているのだが、QNAPのNASもL2TP/IPsecサーバー機能を持っているので、RT58iとQNAPのTS-212Pを組み合わせてL2TP/IPsecによるリモートアクセスを実現する手順を記述する。

“RT58iとQNAPのNASの組み合わせでL2TP/IPsecを使用する” の続きを読む

RT58iではIPv6接続オプションとIPoE接続によるIPv6インターネットの利用は不可能(旧題・RT58iでIPv6接続オプションを使用する方法)

【本記事について】
当初(2018年4月11日)、本記事では「ヤマハネットワーク周辺機器 FAQ」をもとに「あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。」や「ipv6 test」などでのテスト結果を根拠として設定手順を記載していましたが、2019年現在、RT58iではIPv6接続オプションを使用して、IPoE接続によるIPv6インターネット接続を行うことは不可能であることが確認されたため、本記事の内容は撤回いたします。(2019年9月30日)

なお、「こうすればできる」という記事は多いものの、「これではできない」という情報も有益であると思われるため、元の記事内容も削除はせずに残します。

“RT58iではIPv6接続オプションとIPoE接続によるIPv6インターネットの利用は不可能(旧題・RT58iでIPv6接続オプションを使用する方法)” の続きを読む