MSX形式CGローダー version1.01 for DOS/V


MSX形式CGローダー version1.01 for DOS/V 第2版
Copyright (c) 電子情報研究所 1994 / 開発:皆木 慎吾

 このプログラムは、DOS/Vの画面上でMSX2のBSAVE形式のCGファイルを見るためのプログラムです。

 version1.00 にくらべ、パレット関連が速くなりました。

 このプログラムの性質上、以下の説明はMSX2についての最低限の知識のある人を
対象にしています。

 対応機種:IBM PC/AT互換機
 対応OS:DOS/V

【使用法】DOS/Vのプロンプトから次のように入力してください。
  >MSXCG
 には見たいCGファイルのファイル名を入れてください。省略された場合
      は簡単な説明を表示して終わります。にはCGファイルの種類に応じて次のように指定してください。
      -5:SCREEN 5のファイルを表示します。
        パレットに対応しています。
        SCREEN 6のファイルもこのオプションで表示できます。
      -7:SCREEN 7のファイルを表示します。
        パレットに対応しています。
      -8:SCREEN 8のファイルをモノクロ8階調で表示します。
      -9:SCREEN 8のファイルを256色で表示します。
      -0:SCREEN 8のファイルを256色で表示します。
      -1:SCREEN 8のファイルを256色で表示します。

【オプション -9, -0, -1,の違い】
 これらのオプション選択時に使用するVGAの画面モードは縦方向の解像度が200
ドットしかないため、縦212ドットあるMSX2のCGを表示できません。この問題
を解決するためそれぞれ次のような動作をします。
 -9:縦方向を12ドット間引きし、縦横比率をあわせるため、さらに横方向も15ド
   ット間引きします。
 -0:縦方向を12ドット間引きします。横方向は間引きしません。
 -1:縦横ともに間引きしません。そのかわり下12ドット分は表示されません。

 表示し終わるとキー入力を待っていますので何かキーを押すとDOSに戻ります。

【使用例】
 SCREEN 8のGRAPHIC .SC8というファイル256色モードで縦横とも間引きし
て表示する。
 >MSXCG GRAPHIC.SC8 -9

【このソフトウエアについて】
 このソフトウェアはフリーソフトウェアとします。
 自由に使用・複写・配布してかまいません。
 このソフトウェアを使用して生じたいかなる損害にも作者はその責任を負いません。

【最後に】
 以前MSX2ユーザーであり、今DOS/Vユーザーであるぼくが「DOS/Vの画
面上でMSX2のCGを見れたら便利だなあ」と思って作ったものです。果たしてぼく
と同じような境遇の人が何人いるやら・・・(^_^;)。
 少し前に苦労して、C言語からDOS/Vのグラフィックを操作するライブラリを作
っておいたおかげで、このプログラムは比較的楽に作ることができました。
 本プログラムは、エル・エス・アイ ジャパン(株)の、LSI C-86 Ver.3.30 試食版 で
コンパイルしています。
 すばらしいソフトウェアを公開していただきありがとうございます。

                                          NIFTY-Serve VFC02053 Sin(皆木 慎吾)