1チップMSXが届いた


アスキーからの発売が断念され、その後D4エンタープライズから改めて発売されていた1チップMSXが届いた。

まず、手始めに画面出力周りを試してみた。
今回のバージョンでは画面出力はコンポジット、Y/C(S端子)、RGBの3種類あり、コンポジット・Y/CとRGBは排他使用となっている。手元にあるモニターで画質などを確認してみた。使用したモニターは次の通り。

PVM-14L1…業務用ピクチャーモニター。ソニー製。14インチCRT
DT-V1710C…放送用マルチフォーマットモニター。ビクター製。17インチCRT
HM903D B1…PC用RGBモニター。イーヤマ製。19インチCRT
LCD-7100V…PC用RGBモニター。センチュリー製。7インチLCD

【2006.11.23 追記】
SC-D4…ダウンスキャンコンバータ。バッファロー製
PowerPresenter1280…ダウンスキャンコンバータ。カノープス製

【表】1チップMSX側の出力モードをモニターの端子の組み合わせ

モニタ・端子\出力モード コンポジット
Y/C
RGB
15kHz 31kHz half 31kHz full
PVM-14L1 コンポジット
Y/C
DT-V1710C コンポジット
Y/C
RGB × × ×
HM903D B1 RGB × ○(暗い) ○(明るい)
LCD-7100V コンポジット ×
RGB × ○(暗い) ○(明るい)
SC-D4 RGB × ○(暗い) ○(明るい)
Power Presenter1280 RGB × ○(暗い) ○(明るい)

○…映った、×…映らなかった


【2006.12.4 追記】初出時、15kHzと31kHz halfが逆になっていました。訂正させていただきます。


画質は実機より劣る、というのが第一印象であった。特にコンポジット出力は色のにじみが大きいので、S端子で接続した方がよいと思う。

コンポジットについてはLCD-7100Vのみ映らなかった。これは実機(FS-A1F,FS-A1ST)でも同様だったので、図らずも1チップMSXの互換性の高さが示された格好だ。

1チップに搭載されたRGB出力はもともとMSXにあったRGB出力の互換用というよりは、一般的なPC用RGBモニターに接続するための便宜を図るために搭載されたものだが、これはあまり芳しくなかった。上の表の通り、コンポジットは映らなかったLCD-7100VだけがRGB信号を正しく表示できるという意外な結果となった

LCD-7100Vは、VGA(640×480)の60Hzしか受け付けないなど、PC用RGBモニターとしてはかなり対応範囲の狭い製品だが、1チップMSXとの相性がちょうどよかったようだ。

一方、マルチスキャンであるはずの、HM903D B1ではPrtScキーの押したときに(1チップMSXではPrtScキーを押すと出力モードが切り替わる)周波数が変化したことは検知するものの、結局何も映すことができなかった。


【2006.11.23 追記】PrtScキーではなく、本体底面のディップスイッチにより、出力モードを切り替えて再度実験したところ、HM903D B1でも正常に映すことができた。PrtScキーによる起動後の周波数変更に追従できなかったようだ。

さらに、スキャンコンバータ2機種でも試してみたところ、いずれも正常に表示できた。


また、コンポーネント信号だけでなくRGB信号にも対応しているはずのDT-V1710C+コンポーネント/RGB信号用インプットボードIF-C01COMの組み合わせでは、いずれのモードでも色がおかしいか同期が取れないかのどちらかで、正しく映すことはできなかった。ただしこれはWindows PCでも同じではあった。もともとPC用モニターではないので、仕方ないとも言える。

周波数決め打ちのLCD-7100Vで映せて、マルチスキャンのHM903D B1で映せないということから推測できるのは、1チップMSXが出力するRGB信号は映像自体の信号は正しいものの、同期信号が正しくないのではないか、ということだ。

なお、今回試した中で最もきれいに映ったのはLCD-7100Vに31kHz fullモードで映した場合だった。また、PVM-14L1とDT-V1710Cのコンポジット・Y/C入力では、ノンインタレースモードでは走査線と走査線の間がスカスカで、インタレースモードにする(BASICで、SCREEN ,,,,,3 と入力する)と若干ちらつくものの走査線の間が埋まり見やすくなった。家庭用テレビでも液晶・プラズマの場合は同じようになると思われるが、CRTではノンインタレースの方が見やすいと思われる。

1チップMSX

【動画】1チップMSXに液晶ディスプレイとキーボードを接続して起動(15秒)
Flashムービー版 320×180
WMV HD版 1280×720 24MB
AVI(XviD)版 1280×720 14.5MB

MPEG-4版 1280×720 8MB