Inter BEE 2011 レポート


(2011/11/23)

Inter BEE2011 国際放送機器展
(Inter BEE 2011 : International Broadcast Equipment Exhibition 2011)
2011年11月16日~18日

幕張メッセ にて。2日目となる11月17日に取材。

FEDは後退、CRTもやめない – 池上通信機

「技術展示」に後退したFEDマスタモニタ試作機。右は現行のCRTモニタ
「技術展示」に後退したFEDマスタモニタ試作機。右は現行のCRTモニタ

昨年は2012年の発売予定として展示されていたFEDは、採算性の面などから2012年の発売予定から「技術展示」に後退していた。説明員によれば同社はこれからもCRTモニタの生産を続けるそうである。ソニーやビクターが相次いでCRTの生産から撤退する中、この表明は心強い。

「JVCケンウッド」として初の出展

新生JVCケンウッドのブース
新生JVCケンウッドのブース

10月1日にケンウッドと合併し「JVCケンウッド」となった旧・ビクターは、「JVCケンウッド」として初めての出展となった。旧・ケンウッドの音響機器などと、旧・ビクターの放送業務用映像機器がそれぞれ展示されていた。

自主放送装置新機種 – 各社

中日電子のPV-300H
中日電子のPV-300H

自主放送装置(OFDM変調器)市場は早くも価格競争の様相を呈してきた。中日電子が従来機種のPV-200HからSDI端子・D端子・TS入力・SDカードスロットを省略し、入力をHDMI端子とアナログコンポジット端子のみとして筐体を1Uハーフラックサイズに抑えた新機種PV-300Hを出品。説明員によれば「100万円はしない」価格になるとのこと。

また、マスプロ電工は先日発表したSD1波用エンコーダ内蔵OFDM変調器「SDEC2MD」を展示していた。こちらも超低価格を謳っている。

メディアリンクスのMD2810
メディアリンクスのMD2810

メディアリンクスは従来機MD2800を低価格化した「MD2810」を出品。MD2800が備えていたウォーターマークやサイドピラーの機能を省略しつつも、SDI、コンポジット、D端子、光デジタル音声端子まで装備して「業界最安値」を謳っている。ただし、PV-300Hがハーフラック化したのとは逆に、MD2810はフルラック化している(MD2800はハーフラックサイズ)。

他にもミハル通信、DXアンテナ、SYNCLAYERなどが自主放送装置を展示していた。

【関連記事】ISDB-T変調器の今

ラウドネス

ラウドネスサミット東京 ワークショップの様子
ラウドネスサミット東京 ワークショップの様子

Inter BEEでは映像機器の陰に隠れてあまり目立たない音響機器部門だが、今回は放送分野において大きなトピックがあった。それが「ラウドネス」だ。2012年10月1日から、テレビ放送における音声レベル運用規準「TO32」(ARIB TR-B32)が導入され、「平均ラウドネス値」が国際標準である「-24LKFS」になっていることが求められるようになる。

導入まで1年を切った今回のInter BEEでは「ラウドネスサミット東京 ワークショップ」が開催され、専門家がラウドネスの概要や、ラウドネスメーターの使い方などを解説していた。

【リンク】Inter BEEのウェブサイト
http://www.inter-bee.com/

Inter BEE 2010レポート
Inter BEE 2009レポート
Inter BEE 2008レポート
Inter BEE 2007レポート
Inter BEE 2006レポート