MSX VIEWer開発裏話(01)


連載目次

記述内容はすべて当時のものです。

MSXパソコンで保存したプログラムリストをWindows上で閲覧するソフトとして現在開発中(β版公開中)の「MSX VIEWer」の情報を書いていきます。

プログラムのダウンロードなどは、こちらです。

開発の動機

 Internet Explorerの埋め込みフォントという技術を使用して、MSXのプログラムリストをMSXのフォントで表示させる例を見かけました。

 これを見て、これを応用すれば、従来のMSXプログラム表示ソフトでは難しかった、半角ひらがなやグラフィック文字(半角の漢字や罫線文字など)も再現できるかな、と思ったのが開発の始まりでした。

つづく。

(04/29/2004 07:26:44 PM)