KTPlayerの過去の履歴


バージョン1.30と前のバージョン(1.24.0401)との違い

  • 再生ファイルが変わるとき、フォーカスを奪っていたものを、もともとフォーカスを持っていたウィンドウにフォーカスを返すように修正。(ただしこの機能はまだ不完全でうまくいかないこともあります)
  • 起動時に前回の再生位置を復元する機能を追加。

前のバージョンをお持ちの方はこちら(実行ファイルとヘルプファイルのみ、145,668バイト)をどうぞ。バージョンが1.30.0801になります。(解凍後、\Program Files\KTPlayer\フォルダに移してください)

前のバージョンに登録された方は前のバージョンの登録キーがそのまま使えます。新たに登録する必要はありません。

 

バージョン1.24と前のバージョン(1.23.0305)との違い

  • .ra、.mp3、.dat(VideoCD)ファイルをリストに追加できるようにした
  • リストで、「すべてのメディアファイル」・「ビデオファイル」・「オーディオファイル」・「すべてのファイル」を選択できるようにした。
  • プレイリストウィンドウを開くたびに内容を更新するようにした。
  • version1.22/1.23においてActiveMovieのバージョン間の互換性の問題から生じる、不具合を修正。

 

バージョン1.23と前のバージョン(1.22.0301)との違い

  • 前回終了時に演奏リストに入っていたファイルが起動時に存在しなかったときエラーが出て起動できない不具合を修正(この不具合はversion1.22だけにあったものと思われます)。

 

バージョン1.22と前のバージョン(1.21.1201)との違い

  • ActiveMovie 5に対応しました。
  • KTPlayer version1.22を使用するには、ActiveMovie 5以降が必要になります。http://www.microsoft.com/japan/windows/mediaplayer/ からダウンロードしてください。
  • ActiveMovie 5対応により、WAVファイル等を1.0倍速以外の速度で再生したとき、時間表示が狂う不具合が解消されました。

 

バージョン1.21と前のバージョン(1.20.1123)との違い

  • ビデオウィンドウを閉じた状態で操作をすると動作が狂う不具合を修正
  • ビデオウィンドウを閉じるとKTPlayerを終了するように修正
  • 起動時にメインウィンドウのサイズが正しく復元されない不具合を修正
  • 起動時にビデオウィンドウのサイズが正しく復元されない不具合を修正
  • 再生できないファイルを開こうとしたときに動作が狂う不具合を修正
  • ビデオウィンドウ枠をドラッグしてビデオウィンドウのサイズを変更したときに元のサイズに戻す機能を追加
  • キー操作で複数ファイル間の前後移動ができる機能を追加

 

バージョン1.20と前のバージョン(1.11.1001)との違い

  • 再生したファイルの入ったリムーバブルメディアを入れ替えたときにエラーが出る不具合を修正
  • MP2ファイル再生時にビデオウィンドウが表示される不具合を修正
  • ビデオウィンドウのサイズ変更がうまくいかないことがある不具合を修正
  • 演奏リストへのファイルのドラッグアンドドロップ機能を搭載
  • 演奏中にクイックリストを表示する機能を搭載
  • 再生速度に0.1倍速から2.0倍速まで指定できるようになりました。(従来は0.5倍速~1.5倍速)
バージョン1.20.1123ヘルプファイル訂正(1998.11.15)

メインウィンドウの説明のページの「フルスクリーン表示」のポップアップの中に、「メインウィンドウにフォーカスがあるときにキーボードの「F」キーを押しても…」という説明文がありますが、これは「キーボードのCtrlキーを押しながら「F」キーを押しても…」の誤りです。

 

バージョン1.11と前のバージョン(1.10.0901)との違い

  • 最小化した状態で終了すると次回起動時に画面にウィンドウが表示されなくなる不具合を修正
  • 画面解像度を変えた後ウィンドウが画面に表示されなくなる不具合を修正

 

バージョン1.10と前のバージョン(1.01.0603)との違い

  • ボタン・デジタル表示のデザインの変更
  • デジタル表示の分の表示を3桁化し100分以上のファイルに対応
  • 演奏リストに登録されたファイルの順番入れ替え機能を追加
  • 再生速度・再生画面サイズを変更するスライダなどを非表示にする機能を追加
  • 現在の再生位置の数値がファイルの長さの数値を越える不具合を修正

 

バージョン1.01と前のバージョン(1.00.0501)との違い

  • 演奏リストウィンドウでキャンセルボタンをクリックしたときに、演奏リストが狂う不具合を修正
  • KTPlayerの起動直後にABOUTボタンをクリックするとエラーが出る不具合を修正
バージョン1.01のヘルプファイル訂正 (1998.6.28)

ヘルプファイルの「このソフトウェアについて」の中の「機能の制限について」のページの中に「SearchEyeは送金後に作者から送られる登録キーを入力するまでは、一部機能が下記の通り制限されます。」という一文がありますが、これは誤りです。読み飛ばしてください。

「謝辞・著作権表示」のページの中に「1998年5月1日第1版第2刷」という表示がありますが、これは「1998年6月3日第1版第2刷」の誤りです。

KTPlayerのページに戻る