WPC TOKYO 2006 レポート


(2006/10/22)
WPC TOKYO2006年10月18日~21日

東京・有明 東京ビッグサイト にて

規模縮小

行列
▲最終日の21日、同じ会場で行われた某社の社員・家族向け販売会に行列する人たち。WPCの来場者よりずっと多かった。

WPC EXPO改め、WPC TOKYO 2006が開催された。今年は東4・5ホールのみと規模が大幅に縮小された。昨年はWindowsの新バージョンもなく、事実上「W-ZERO3展示会」状態だったが、今回はWindows Vistaの発売が近づき、また会場が小さくなったことで密度が高まり、小規模ながらも昨年より若干活気があったように感じられた。

ただ、このまま規模の縮小が続いていくと、開催時期が近いCEATEC JAPANに呑み込まれる形で消滅してしまうのではないかと思った。

マイクロソフト

Windows Vistaの発売がいよいよ近づき、規模が小さくなった会場にあって場内最大のブースを構えていたのがマイクロソフト。WindowsとOfficeの他、開発ツールなどのプレゼンテーションなども行われていた。会場ではWindows Vista RC1(製品候補版1)のDVD-ROMも配布されていた。

ウィルコム

9(nine)
▲9(nine)が展示されていた。

ウィルコム単独のブースはなく、WILLCOM SIM STYLEに賛同する各社共同の「Mobile×Style!パビリオン」にウィルコムが協力するという形式になっており、去年と比べると随分おとなしい展示となった。注目点としては先日発表されたばかりの「9(nine)」が操作可能な状態で展示されていた。筆者は当初nico.に近いものを想像していたが、より今時の普通の携帯電話に近いユーザーインターフェースになっていた。

次世代DVD

東芝ブース
▲東芝ブースではHD DVD搭載のQosmioが展示されていた。

次世代DVDの展示は東芝がHD DVD搭載のQosmioを展示していただけで、Blu-ray Disc陣営の展示はなかった。

その他

語学留学を勧誘するあの団体は今年もいた。

ゆりかもめ vs りんかい線
▲ゆりかもめ vs りんかい線。張り合ってます。

Powered by ERB【動画】当日の様子

WPC EXPO 2005レポート