【復題】RT58iでIPv6接続オプションを使用する方法(前題・RT58iではIPv6接続オプションとIPoE接続によるIPv6インターネットの利用は不可能)

【本記事について】
2019年9月30日に、題名を「RT58iではIPv6接続オプションとIPoE接続によるIPv6インターネットの利用は不可能」と変更し、それまでの内容を撤回していましたが、調査の結果、2018年7月に、回線を追加で敷設した際に、追加した回線に「IPv6接続オプション」が適用されていなかったことがIPv6による接続ができない原因であることが分かりました。元の回線で再検証したところ、初出時の内容でIPv6接続できることが改めて確認されましたので、2019年9月30日付の改訂を取り消し、初出時の内容に戻します。(2020年7月7日)

当初(2018年4月11日)、本記事では「ヤマハネットワーク周辺機器 FAQ」をもとに「あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。」や「ipv6 test」などでのテスト結果を根拠として設定手順を記載していましたが、2019年現在、RT58iではIPv6接続オプションを使用して、IPoE接続によるIPv6インターネット接続を行うことは不可能であることが確認されたため、本記事の内容は撤回いたします。(2019年9月30日)

なお、「こうすればできる」という記事は多いものの、「これではできない」という情報も有益であると思われるため、元の記事内容も削除はせずに残します。

“【復題】RT58iでIPv6接続オプションを使用する方法(前題・RT58iではIPv6接続オプションとIPoE接続によるIPv6インターネットの利用は不可能)” の続きを読む